生命保険会社とは

MENU

バナー

生命保険会社とは

c-insurance02.jpg
生命保険やそれを生業とする会社は、どんな仕組みなのか、
あなたは初めて考える時期にあるかもしれません。
解りやすく、ご説明しますね。

 

 

生命保険とは

基本は「助け合い」「相互扶助」の考え方から来ています。
私達はいつ何時、不測の不幸に見舞われるか解りません。
そんな時当面の不安となるのは、やはり経済的な不安。
この不安を払拭するための一助となるのが、保険なのです。

 

hoken-03.jpg
沖縄県の「もあい」にシステムは似ています。
「もあい」は、定期的に会員が会費を納め、
誰かが経済的に困窮した際、
その集められた会費を、困窮した人に貸し出します。
保険は貸し借りとは言えませんが、
このシステムに似ているのです。

 

あらかじめたくさんの人がお金(保険料)を出し合い、
誰かが死亡したり病気やケガをした際に、
集めたお金(保険金)をその人に給付します。

 

こういった不測の事態が起きなければ、
いくら長年お金を出費してきても、自分が得ることは出来ません。
不条理と思うかもしれませんが、まさにこの不条理こそ「助け合い」。
この精神から生命保険は成り立っているのです。

 

 

生命保険会社とは

この保険を取り扱う窓口が生命保険会社となります。
多数の加入者のお金を受け取り、誰かに万一の事があれば、
そういう人達に一極集中でお金を支払います。

 

hoken-04.jpg
でもただ加入者のお金を預かっている訳では無く、
その集められたお金を、
投資したり運用したりして増やす努力をします。
またそのお金で不動産を購入し、
その賃料を得てお金を増やす努力もします。

 

加入者からお金を集め、
それを運用して出来るだけ増やすことを前提にし、
更に、自分達生命保険会社の人件費等のコストを差し引き、
やっと、万一の際に支払わなければならないお金とのバランスを図れる、
それが、保険会社の業務の基本です。



 

 

人気閲覧ページランキング