生命保険商品(2012年版)

MENU

バナー

生命保険商品(2012年版)

c-insurance29.jpg

この記事は、2012年11月のデータを元にしています。
2016年6月のデータを元にしたランキング(2016年版)は、こちらです。

 

今日本中にある生命保険商品の中で、いったいどれが人気なのでしょう?
カテゴリ別に分けない、全生命保険商品の総合人気ランキングです。
あなたが検討してみようと思う商品も、あるかもしれません。

 

生命保険商品人気ランキング

1位:メットライフアリコ やさしくそなえる医療保険<終身タイプ>

安心保障は一生涯、保険料も一生涯あがりません。
先進医療給付特約だけは自動更新がありますが、もともと100〜300円です。
18歳〜80歳まで契約可能で、病気やケガ入院で、1日目から10,000円給付されます。


また日帰り入院だったとしても、所定の手術手術1回につき、

5万円〜20万円が給付されます。
もし先進医療特約を付ければ、通算最高2,000万円まで、
先進医療にかかる技術料の実額(先進医療給付金)が給付されます。
hoken-63.jpg

  • 入院時、どこよりも早く給付された(41歳・女・会社員)
  • 実際に母親が先進医療給付金を受けられた(33歳・女・販売)
  • ネット生保と比べてしまうと、それほど安いとも思えない(40歳・男・証券)
?

 

2位:フコク生命 みらいのつばさ

意外と言ってはナンですが、学資保険がすべての商品で2位です。
教育・進学資金を効率よく準備するための貯蓄性が、支持されています。
もちろん、契約者が死亡した場合は以後の保険料支払は不要です。
もともと払込期間は18歳までなので、大学での保険料負担がありませんし。


貯蓄性や払込期間以外でも、なかなか気が効いています。

祝金は所定年齢に達した直後の11月1日で、入園入学の資金準備に便利です。
またこの祝金をいつ受け取るかは、プランにより選べます。
契約者が同一である等の条件を満たせば、兄弟割引が効きます。

 

  • 担当者が、家計に無理のない範囲でプランを考えてくれた(30歳・男・会社員)
  • 戻り率が良いく、信頼できる会社なので決めた(31歳・女・専業主婦)
  • 22歳満期しか選べないプランで、結局親からお金を借りた(44歳・男・自営)

 

3位:アフラック 新EVER

この終身医療保険は、祝金特約も選べます。
この特約は生存していれば3年ごとに3万円受け取れますが、
入院給付があったとしても毎回受け取れます。
給付歴有では祝金の権利が失効する商品もあるので、こちらは嬉しいですね。
hoken-62.jpg
払込期間は、

  • 終身
  • 60歳65歳半額
  • 60歳65歳払済

以上から、選べます。

 

基本は、入院給付と手術給付なのですが、
そこに多彩な特約をさらに付加することもでき、人気の理由となっています。

 

  • 直営コンサルタントの対応も他社の外交員に比べ知識が豊富(30歳・女・旅行)
  • 負債がなく、ソルベンシーマージン比率も高いので不安が無い(34歳・男・SE)
  • 特約が多く、素人には分かりにくい(39歳・男・保険代理店)

 

4位:ライフネット生命 定期死亡保険「かぞくへの保険」

業界最低水準の保険料が、やはり顧客から支持を受けています。
保険会社の運営費など手数料に相当する「付加保険料」が、
ネット販売することによりスリム化されているからこそ、
他社と同額の定期死亡保険でも、保険料が抑えられていますね。

 

どちらかといえば、若者〜子育て世代に支持されれています。
とくに子育て世代は、大型保障を割安保険料で用意したい世代ですから。
1億まで保険金額は上げられます。
申込は24時間ネットで完結でき、契約成立は書類送付から約10日です。

 

  • 保険に関する様々な情報を開示している点が信頼できる(36歳・男・会社員)
  • メールで質問をしても返答が早く、保険料試算結果も最も安かった(26歳・女・専業主婦)
  • 他社で結局加入出来た気管支炎も、ここでは加入出来なかった(43歳・女・公務員)

 

5位:ネクスティア生命 カチッと終身がん

少ない負担で大きく備えるがん保険で、人気が出ています。
hoken-64.jpg
この会社の商品も、ネットを活用してコストを最大限削減しています。
告知書だけで、最高4万円の高額保障が、がん入院で受け取れます。
もちろん日数無制限で、安心です。

 

これまで担保されないプランも多かった、上皮内がんも担保されます。
がんと診断で、最高400万円の一時金が1回支給されるのは凄いですね。
もし女性がん特約を付ければ、入院や診断時に上乗せもされます。

 

  • いろいろがん保険の見積りを取ったが、保険料の安さは圧倒的(33歳・男・SE)
  • 国内大手生保、外資系生保の商品との商品力の差は明らか(37歳・男・会社員)
  • 「全部載せ」ではないので、がん保険を勉強した上で選ぶべき商品(40歳・女・専業主婦)

 

 

人気の生命保険商品とは?

死亡保障であれば定期、医療保障であれば終身が人気があります。
特に死亡保障は、どれだけ保険料を削減出来るか、
つまり各保険会社が、どれだけ付加保険料を抑えられるかが勝負です。

 

医療保障は、日額10,000円は当たり前の時代となりました。
そういった基本的な部分を手厚くし、それ以外の特約の選択の自由度が高い、
そういう保障が人気があります。

 

学資保険も、かつてにくらべ各社とも使いやすくなりました。
なかなか予定利率を高く望めない時代ですから、
他のプラスアルファで差を付けなければ、選ばれない商品となってます。



 

 

人気閲覧ページランキング