日本生命保険相互会社

MENU

バナー

日本生命保険相互会社

日本生命保険相互会社が、日本を代表する資産規模だということは、
あなたも想像がつくと思います。

 

そして、生命保険分野は日本生命保険相互会社、
資産形成分野は「ニッセイアセットマネジメント」と、
同じグループ会社にありながらも、分野を特化しています。
こうして各分野に役割を分けることで、それぞれをより強化させています。

 

 

日本生命保険相互会社の特徴

@「保障」「IT」「サポート」を重視しています。
この中でITとは、顧客にIDとパスワードを振って管理することです。
いつでもどこでも、簡単で解りやすい事務手続を行えるようになりました。

 

Aもちろん格付け会社からも高い評価を受けています。
保険金支払能力では「AA」、保険財務力では「A+」です。
こうした盤石な経営体制であることは、明治の創業以来続いています。
戦争の際も、約款上可能な保険金等の削減をせず、全額給付をしてきました。

 

責任準備金組入率は、国内生保の人気が頭打ちの風潮の中でも、
毎年高くなっています。
有価証券含み益相当額も、デフレや低金利の昨今であっても、
これも毎年大きくなってきています。

 

B日本生命保険相互会社は、介護について広く知識を持ってもらうため、
「ケア・ガイダンス・サービス」という訪問相談サービスを始めました。
ケアマネージャー等の資格者が、将来の介護について無料で相談に乗ります。
これは、契約者やその配偶者はもちろん、別居の(義)両親も対象です。

 

 

みらいのカタチ

保険が解り辛い・不必要になったら外せる内容が良い・・。
そういった要望にこたえる新商品が「みらいのカタチ」です。
死亡保障・医療保障・介護保障・資産形成を、要望に合わせ組み合わせます。
(所定の規定があり、組み合わせ不可の場合も出てきますが)

 

遺族保障重視 大型保障3000万・介護保障1000万
独身者向け 死亡保障2000万・保険料は1万円以下
シニア向け 死亡保障1000万・払込期間は70歳まで

 

このように、顧客のニーズに合わせた設計が可能です。

 

 

 

 



 

 

人気閲覧ページランキング