外資系生命保険会社

MENU

バナー

外資系生命保険会社

c-insurance22.jpg
外資系の生命保険会社は人気があります。
各社の特徴が似たり寄ったりでなく、プランも経営も合理的だからでしょう。

 

 

外資系も動きは激しい

日本の業界ほどではありませんが、グループ化も激しいです。
私が契約している保険会社も、社名が変わりました。

 

また、損害保険会社が生命保険を売るようになったり、
自社店舗や自社営業員のみならず、
銀行や証券会社等で窓口販売を主流とする外資系会社も多いです。

 

プランは日本人向けに作られていますが、
もちろん資本は外国資本です。
日本国内法人を持っていたとしても、
本国の経営状況によって、突然他社に吸収される場合も。

 

 

外資系生命保険会社の特徴

@主力商品は、日本の業界に比べて、極めて会社独自の色が濃いです。
会社ごとに主力は全く違っていて、
がん保険が主力、学資保険が主力、年金保険が主力、さまざまです。
でも共通して言えるのは、ムダの無い合理的商品が多いですね。
hoken-46.jpg
A販売経路は代理店が多いです。
代理店とは、各社の一定の基準を満たしていれば、
複数の保険会社の商品を販売することも許されている窓口です。
また、男性の営業職員が多いのも特徴です。

 

Bおすすめポイントは、各社の強みを組み合わせることでしょう。
どちらかと言えば、オールマイティーとは言えません。
「わが社は●●に特化した保険会社です」というスタンスが多いです。

 

それでしたら顧客である私達は、良いとこ取りをしていくしかありません。
保険証券は多数になってしまいますが、
医療保険はA社、死亡保険はB社、上手く組み合わせるのがポイントです。



 

 

人気閲覧ページランキング

外資系生命保険会社関連ページ

日本の生命保険業界
インターネット生命保険会社