日本の生命保険業界

MENU

バナー

日本の生命保険業界

c-insurance21.jpg
漢字の保険会社は「内国生保」とも言われます。
日本の企業の中では、

  • 資産
  • 資本
  • 従業員数

以上の3つが膨大な会社ばかりの業界です。
この生命保険業界はどんな特徴があるのか、ご紹介します。

 

 

変わる日本の生命保険業界

日本の生命保険業界は、いくつかのグループに分かれます。
もちろん単独の会社もありますが、今後もグループ化の動きはあるでしょう。

 

hoken-45.jpg
また、かつて生命保険会社といえば
「相互会社」がほとんどでした。
でも最近は「株式会社」が増えてきました。
どうしてでしょう?

 

それは、株式会社の方が経営状況が透明化され、
株主からの大きな額の資金調達が可能だからです。
株主からしても、会社からしても、メリットが大きいのです。

 

そして、グループ化の動きが増えてきましたね。
これは他業種同様、経営のスリム化や得意分野の相互利用を可能にするため。
これまで安泰とされてきた内国生保も、昔のままでは難しくなってきました。

 

 

日本の生命保険業界の特徴

@主力商品は、「定期付終身保険」から、「アカウント型保険」になりました。
「定期付終身保険」は、終身保険の上に、掛け捨ての定期保険が乗っかったものです。
「アカウント型保険」は、その終身保険部分が「アカウント」という名前に変わったものです。

 

ちなみによく保険営業員は、このアカウント部分を「積み立て」と言います。
あたかも保険に入りながら貯蓄もできているように説明しますが、
実際には、高い貯蓄性を備えて設計されたプランは、極めて少ないです。
なので、かつての「定期付終身保険」と大差ないプランだと、私は思っています・・。

 

A販売経路は今も、保険外交員がメインです。
地域や企業の担当がいて、狭く深く、営業やアフターフォローをしています。

 

Bおすすめポイントは、保険商品のみならず他の付随サービスでしょう。
どうしてもネット系商品比べて単価が高い傾向にあるのは、
キャンペーンや会社の情報を、こちらが求めなくても会社から知らされる等、
サービス分野が厚いからですね。



 

 

人気閲覧ページランキング

日本の生命保険業界関連ページ

外資系生命保険会社
インターネット生命保険会社