必要死亡保障額はいくら?

MENU

バナー

必要死亡保障額はいくら?

c-insurance17.jpg
必要死亡保障額は、家族構成・年齢で変わります。
その額から、公的遺族補償・資産では不足する分を、
生命保険の死亡保険でまかないます。

 

 

必要保障額の推移

人の一生の中で必要保障額は変化します。
独身時代はもちろん、100万円程度あれば良いですが、
結婚してその相手が自分より収入が高くない限り、増額が必要です。

 

そして子供が誕生するたびに、必要保障額は跳ね上がります。
末子が生まれた時が、一生で最も額が大きくなるときです。
あなたが不動産をローンで購入した際、「団体信用生命保険」に加入し、
万一の際のローン返済は亡くなりますから、保障額はいくらか減ります。

 

hoken-32.jpg
そして子供が成長し、教育費が減り、末子が経済的に自立した際、
それ以降は配偶者のための保障額だけになります。
このような推移に沿って、必要死亡保障額を用意できれば、
もっともコストパフォーマンスが良い準備の仕方と言えますね。

 

 

働き方で違う公的保障

生命保険

 

ここで公的保障についても考えます。
あなたが公務員・会社員の場合、まず遺族基礎年金が貰えます。
これは18歳未満の子がいる場合支給され、
子が一人なら年間1,004,600円、二人なら約1,229,100円です。

 

遺族厚生年金も貰えます。
これは子の有無にかかわらず、
生前の給与額に応じて一生支給されます。
年間約40〜60万程度です。

 

ただし、30歳未満の子のない妻は、5年間だけの受給になります。
この場合、一生給付されるわけではありません!

 

またこの年金は、妻だけでなく夫も受け取ることが出来ますが、
妻が死亡の際、夫が55歳以上であるのが条件です。
しかも夫が60歳以降にならないと、支給されません。

 

hoken-33.jpg
あなたが自営業の場合は、遺族基礎年金だけが貰えます。
つまり、自営業で18歳未満の子がいない場合、
公的保障が無いのです。

 

 

最終的にいくら必要か

例えば、夫婦と2歳の子供がいる3人家族のAさんとします。
毎月の生活費は30万、住宅ローンは月8万円、子供は4年制大学予定です。
このAさんに万一の場合の、子供が大学卒業までの妻子の生活費を考えます。

 

 

@団体信用生命保険に加入していましたから、
ローン返済は不要となりました。
そして、妻子2人の月々の生活費は大体それまでの7割となります。
(30万円−8万円)×0,7=154,000円

 

 

Aこれがあと20年間必要となります。
154,000円×12ヶ月×20年=36,960,000円
この額から、遺族厚生年金と遺族基礎年金を引き、
それでも足りない分を、生命保険の必要死亡保障額として欲しいのです。

 

遺族基礎年金なら、
1,004,600円×16年間=16,073,600円
遺族厚生年金なら、
(約40万〜約60万)×女性の平均寿命86歳まで となります。

 

hoken-34.jpg
よく「資産があればそれも差し引いて」と
書かれている本がありますが、あれは危険です。
その資産価値は将来どうなるかわかりませんし、
天災等の不測の事態は、
そういった資産を換金せねばなりませんからね。



 

 

人気閲覧ページランキング