よくある相談

MENU

バナー

よくある相談

こちらでは、生命保険加入に関する、よくある質問を集めてみました。どれも初歩的な相談ですし、あなたにも是非参考にして欲しいですね。今更聞けないような疑問こそ、大切なポイントです。

 

よくある相談記事一覧

「保険会社の格付けは大事か」と言われれば、そうでもありません。でも経済紙等で年に1回は掲載されるこの特集は、どうして人気なのか?それは単に、「AAA」「AA-」「BB+」等、誰にでも解りやすいからです。このスコアは簡単に言えば、「保険会社の財務力」を表したものです。また、私達が加入している保険契約という「債務」に対する、弁済能力とも解釈できます。こういう力が、格付け会社が専門的な調査に基づいて発表...

「解約したら損だし・・」ってたまに聞きますよね。これはプラン次第、考え方次第です。損な場合、そうでもない場合、それぞれ考えてみましょう。解約が損になる場合@既に保険料を一括払してしまった契約は、明らかに損ですね。たとえそれが掛け捨てであったとしてもです。一括払を検討する際は、今後絶対に解約しないという覚悟が必要ですよ。A死亡保障でも医療保障でも、掛け捨てじゃなく終身タイプで用意している場合です。終...

必要死亡保障額は、家族構成・年齢で変わります。その額から、公的遺族補償・資産では不足する分を、生命保険の死亡保険でまかないます。必要保障額の推移人の一生の中で必要保障額は変化します。独身時代はもちろん、100万円程度あれば良いですが、結婚してその相手が自分より収入が高くない限り、増額が必要です。 そして子供が誕生するたびに、必要保障額は跳ね上がります。末子が生まれた時が、一生で最も額が大きくなると...

「安い保険商品でも大丈夫か」と問われれば、はっきり言えば、高いに越したことはありません。保険に限らず何でも商品には、値段に理由があります。高い商品には、廉価な商品より優れている理由があります。あなたの価値観は?あなたの価値観が「生命保険で一番こだわるのは、安いかどうか」であれば、迷わずにお手頃価格の保険商品を選びましょう。それがご自分でも納得いくでしょう。少しは迷うのであれば(笑)、どうして安いか...

「みんなのほすピタる」など、持病があっても大丈夫なプランはありますが、健康な方が入るより保険料が割高だったり、当初数年間は不担保だったり。やはり不利な条件なのは否定できません。告知の緩いプランは、「持病あり」でも大丈夫なものもありますが、ダメモトでも、最初は通常の告知が必要なプランにチャレンジして下さい。それが加入不可だった時、初めて告知の緩いプランにしましょう。ちなみに、緩いとは告知書とは具体的...

なるべく保険料を節約し、日々の固定費を減らしたいのは本音ですよね。支払方法をクレジット払いにしたり、給与引き去りにしたり。年末の、保険料控除や医療費控除を利用したり。その他、役立つポイントをご紹介します。最初に気を付けるポイント保険に加入する時、どの会社のプランをメインに考えますか?保険会社や簡易保険をメインにする方も多いでしょうが、そこをメインにするのは、「終身」とつくプランに限って、あとは共済...

人気閲覧ページランキング