格安生命保険会社について

MENU

バナー

格安生命保険会社について

c-insurance24.jpg

 

格安生命保険会社はどうして格安なのかと言えば、
まず第一の理由は、それまでの保険会社に比べて経費が掛からないからです。
ネット生保や窓口営業から契約すると、店舗を持たず担当者も不在ですから、
経費は掛からないけど、契約の管理はあなたがします。

 

もちろん高評価の口コミが多いですが、
なかには残念な口コミがあるのも事実です。
格安生命保険会社のメリットデメリットは、ここで押さえておきましょう。

 

 

契約して納得の口コミ

「あらゆる保険会社でシュミレーションし、一番安く納得して契約出来た」

 

これはもう会心の契約ですね!保険料に最もこだわる方ならではでしょう。
どんな保険会社から契約しても、保険金1000万は同じ1000万。
保険料が高いほうが「上等な1000万」ではないですよね(笑)。
どうしても支出を抑えたい方であれば、成功でしょう。

 

 

「見直しで保険料を抑えられたので、その分勉強に充てられ資格取得出来た」

 

こちらも保険料を抑えたことによる、素晴らしい結果だと思います。
あなたが得られる所得は決まっていて、それをどう配分するかはあなた次第。
特に扶養家族がいないなら、手取りの5%以内には抑えたいはずです。
浮いたお金でステップアップ出来るなら、格安保険を選びましょう。

 

 

「既存保険会社より解りやすく、言われるまま契約するのが馬鹿みたいだ」

 

例えばネット生保は、その保険の仕組みをサイト上で説明しています。
こうした保険会社は取り扱う商品が、良くも悪くもシンプルです。
これまで特約とされていた医療保障も、独立して医療保険で売っていますし、
死亡保障も医療特約を一切外して、死亡保険としてのみの機能で売ります。

 

hoken-49.jpg
シンプルな仕組みを、
しかもサイト上で解りやすく説明してくれるなら、
それまで保険外交員の説明ではイメージできなかった、
保障や保険料の仕組みも、じっくりといつでも考えられます。

 

 

契約して残念の口コミ

「若年齢層をターゲットにしているのか、50代以降は格安とは思えない」

 

やはり格安を売りにしている保険会社は、ターゲットは40代程度までです。
年齢が上がるにつれ、絶対に保険料は高くなりますから。
若くまだ健康な被保険者ばかり集めて、会社のリスクを小さく見積もれれば、
自然と会社全体の保険料も安く設定できます。

 

40代までのあなたは、今は、格安保険会社で加入しても問題はありません。
ただ、更新がある場合や満期がある場合は、
50代以降の保障はどう準備すればいいか、念頭に入れなければなりません。
特に医療保障は、更新無しタイプが良いですね。

 

 

「誰からもアドバイスされないので、告知書の書き方に自信が無い」

 

こういったトラブルは、実はネットや窓口販売の商品で多いです。
告知しなくても良いことを告知したり、しなければならないのにしてない等。
「5年以内の〜」と書かれているのに、それ以前の胃潰瘍の告知をし、
入れるプランに入れなくなった、そういう口コミもあります。
hoken-50.jpg
また逆のケースなのですが、
5年以内でも軽病だからと告知しなかったら、
契約後に再入院した時、告知義務違反を疑われて面倒なことになった、
そういう無駄な労力を費やしている口コミもあります。

 

こうした場合は、
やはり外交員がいた方が安全な場合もありますね。

 

 

「コールセンターの対応が不十分」

 

書類請求をしているのに、いつまでたっても送ってこない。
質問をしたら「折り返しご連絡します」と言われたのに、一向に連絡が無い。
対人で無い場合は、こういったミスは多く出てしまいますよね。
その会社が怠慢なのか、繁忙期でタイミングが悪いのか、全く解りませんし。

 

でも繁忙期であったとしも、やはり信頼を失うような対応はNGでしょう。
対人でないからこそ、メールや電話の約束は厳守しなければ信頼されません。



 

 

人気閲覧ページランキング