タイプ別の選び方

MENU

バナー

タイプ別の選び方

生命保険と聞いてまず思い浮かぶのは、死亡保険ですよね。でもあなたにお薦めしたいタイプは、他にも色々あるのです。タイプ別に解説しますから、あなたが必要な内容を見極めて、選び方をマスターして下さい。

 

タイプ別の選び方記事一覧

こちらで説明する保険は、担保期間が一生涯続くタイプです。一生涯タイプは、ほとんどの方にお勧めしたい保険になります。それはなぜか、ズバリ「つかえる」からです。生命(死亡)保険・医療保険に分けて、説明していきます。終身生命(死亡)保険あなたに万一の場合、どの年齢でも加入後の経過日数に関わらず払われます。例えば最初に死亡保険1000万の契約をすれば、その後の保険料更新はあっても1回で、いつでも1000万...

こちらで説明する保険は、担保期間が一定期間の医療タイプです。ですから定期医療保険と言っても良いです。こういったタイプは、全て掛け捨てとなります。でもメリットもちゃんとありますから、覚えておいて下さい。掛け捨ての医療保険の長所大事なポイントで説明すれば、以下の通りです。・保険料:終身タイプよりかなり廉価・配当:無し・満期保険金:無し・解約返戻金:無しお金の見返りがゼロのため、かなりコストダウンされた...

こちらで説明する死亡保険は、担保期間が区切られているタイプです。安い保険料で、大きな保障を準備出来て人気です。また、10年もの、15年ものはもちろん、1年ものも出てきました。どうして安いのか、どうして1年ものさえ出ているのか、理由を説明します。定期死亡保険は合理的@大事なポイントで説明すれば、以下の通りです。・保険料:終身タイプよりかなり廉価・配当:無し・満期保険金:無し・解約返戻金:無しやはり掛...

「でも終身生命保険も、解約返戻金が高くて貯蓄性があるのでは?」と思いますか?貯蓄目的なら養老保険にして欲しいので、その理由をお伝えします。利殖目的なら養老保険養老保険を大事なポイントで説明すれば、以下の通りです。・保険料:かなり高額・配当:比較的高額・満期保険金:有り・解約返戻金:高額満期時保険金や解約返戻金が高いので、死亡保障というよりは、やはり金融資産としての性格が大きいです。各保険会社が決定...

ここまで男女共通の話をしてきましたが、念のため女性の話も!保険の入り方において、性差で大して差は無くなりました。結婚や出産をしない人生も、一生バリバリ働き続ける人生も、増えてますし。でもあえて、気を付けて欲しいポイントを説明します。女性の死亡保険について@あなたが働いていて家族があるなら、それなりの死亡保障は必要です。共働きで子供がいて、自分はパートで働いていたとしますよね?パート社員であっても、...

総務省「世帯属性別の家計収支」によれば、現在夫婦とも60歳以上の無職世帯でも、平均で、毎月62,326円の赤字の収支です。平均で、月々213,379円の、年金などで収入がある世帯であってもです!これから初めて生命保険を検討しているあなたの時代は、もっと厳しくなることが容易に想像が出来ます。そんな時に掛けてて後に安心なのが、年金保険(個人年金)ですよ。終身タイプ年金保険の種類@終身年金は、公的年金と...

人気閲覧ページランキング